体験談⑥

▷中村光作さん(44歳)

【鹿児島県•高千穂幼稚園長】

 創立当時は,高千穂幼稚園に通うほとんどの園児が,「とにかく元気に,大きな声で」歌っていました。その頃,すべての園児を合わせても9人しか在籍していませんでしたから,音楽の時間は年少さんから年長さんまで全学年が一緒でした。普通に歌わせると,見事にバラバラ。楽しそうなのはよいですが,音が外れたり,リズムがずれていたり…。「せめて,みんながそろって,音を外さずに歌えるようになればいいな」そんな思いがあり,音楽担当の先生に「歌を上手くする方法」を探してもらいました。


 そこで見つけてきてもらったのが,「YUBAメソッド」のCD。さっそくCDをかけてみると,面白がってみんなでマネをするではありませんか!導入から1週間ほどで,園児たちはキレイなウラ声が出るように。あっという間の変化だったので,「これはいいかもしれない」と続けることにしました。音楽の時間以外でも,園児たちは楽しんで「ホッホ〜!」とウラ声の練習を続けていました。


 導入から半年が経ち,発表会の時期がやってきました。保護者のみなさんは,びっくり!です。ガラガラ声や怒鳴り声で歌っていた子どもたちが,みんな「天使の声」で歌っているのですから。「なんてキレイな声!本当にうちの子?」みなさん驚きの声を口にし,「素晴らしいです。是非この取り組みを続けてください!」との要望も多数いただきました。


 いちばん大きな変化があったのは,子どもたちです。様々な声が思うように出せるようになった園児たちは,「先生,もっと歌いたい!」と言ってくれるようになり,積極的に歌に取り組むようになりました。歌が,何事も前向きに取り組む自信をくれたと,関係者一同喜んでいます。

Powered by Flips